ホルモンバランスと薄毛の関係

女性の薄毛の原因とは

女性特有の薄毛の原因

薄毛というと、男性が多く悩むことがあるイメージですが、女性にも良くある悩みです。しかし、男性と女性では、薄毛になる原因に違いがあります。そもそも男性の場合は、男性ホルモンが多く分泌されます。この男性ホルモンは、毛髪にも関係するホルモンで、多いと薄毛になる可能性も高くなるのです。スケベな男性は禿げやすいと言われるのは単なる迷信ではなく、男性ホルモンの分泌が多いことが謂れとなっています。女性の場合は、女性ホルモンが多く分泌されます。そのため、若いときには薄毛になることはあまりありませんが、年齢と共に女性ホルモンの分泌が減少していくと、ホルモンバランスが崩れて、男性ホルモンが優位になることがあります。そのことが原因となり、抜け毛が増えてしまうことがあるのです。特に女性ホルモンが極端に減少し、ホルモンバランスが崩れる更年期になると薄毛が多くなるのは、そのためです。更に女性のホルモンバランスが大きく崩れるのが、妊娠、出産期です。この時期にもホルモンバランスが原因となり、抜け毛が増えますが、一時的なものとなります。このように女性の場合はホルモンバランスが崩れることが原因となることが多いため、減少した女性ホルモンを増やすことが、悩みの解消のポイントとなることがあります。

バックナンバー

薄毛の基本情報

↑PAGE TOP