• トップ /
  • 女性の薄毛とホルモンバランス

エストロゲン減少と薄毛の関係

女性の薄毛とホルモンバランス

薄毛の原因のひとつとなるのが

女性の薄毛の原因のひとつとなるのが、ホルモンバランスの乱れです。女性ホルモンのひとつエストロゲンとは、美しい肌や髪の毛を作る為に欠かせないホルモンですが、30代後半辺りから分泌量が減少をしていく事になります。分泌量が減り、ホルモンバランスが乱れるようになれば、良い髪の毛が育たない状態になってしまいます。そんなエストロゲンの減少が原因の薄毛の悩みを解消したいと考えたら、この女性ホルモンを活性化させていく事が有効です。大豆に多く含まれているイソフラボンは、この女性ホルモンと似た働きをするという特徴があります。ですから、大豆製品を積極的に食べる等、イソフラボンを積極的に摂取する事で、良い髪の毛を育てやすい状態を作れます。ただ、薄毛の原因というのはエストロゲンの減少やホルモンバランスの乱れが全てではない可能性があります。髪の毛を作る為の栄養素が不足をしていないか、髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンを分泌させる為の睡眠時間が足りているか等、日常生活の見直しをしておくという事も重要になってきます。そのうえで、イソフラボンを積極的に摂取するようにすれば、女性の薄毛の悩みの解消へと繋がっていきます。

バックナンバー

薄毛の基本情報

↑PAGE TOP