• トップ /
  • 節目に受講すべきビジネス研修

ビジネスにおけるおすすめ研修

節目に受講すべきビジネス研修

ビジネス研修は節目に行うべき

ビジネス研修は社員の人材育成の1つの手段として多くの企業で実施されています。社員の育成はOJTが当然中心でしょうが、座学やグループ研修等のセミナースタイルのビジネス研修でその補完を行うのが一般的です。大企業では、このビジネス研修を新入社員の時から、各階層へのステップアップ時に体系的に自社の研修所等で行っている所も少なくありません。しかし、中堅・中小企業では、大企業の様に自社中心で実施する事は困難です。そんな企業には、通信教育を上手く活用する事がおすすめです。新入社員時、中堅社員時、係長昇進前後、課長昇進前後等の自社で節目とするタイミングで、その階層に最適な通信講座を選定し、受講するという方法がおすすめです。自社の選抜方法をクリアーする事に合わせ、その通信講座を受講して修了書を受ける事を昇格や昇進の条件とするのです。仕事に関連する大部分は、本人の自己啓発とOJTによりスキルアップを図るものが基本ですが、通信講座等で体系的に学ぶ事も重要と言えます。例えば、課長に昇進する際には、課長としてのマネジメントの具体的な仕事は、先輩を見習って行えても、マネジメントを体系的に学び、その本質を理解する事はこうした通信講座で補強するのです。比較的リーズナブルに、6か月やⅠ年で受講する事が出来、多忙なビジネスマンでも週末を中心に学ぶ事が出来、おすすめしたい方法です。

バックナンバー

ビジネスの深い情報

↑PAGE TOP