生活習慣見直しで薄毛改善できる

薄毛を引き起こす原因には様々な要素が挙げられますが、その中でもホルモンバランスの乱れは大きな要因となりえます。頭髪は少なからずホルモンバランスの影響を受けて成長しており、これらが乱れると頭皮に皮脂が過剰分泌されるなどして毛穴詰まりが生じてしまいます。これが頭髪の成長を妨げたり、あるいは外気から毛穴を通じて酸素を吸収して細胞分裂を活発化することもできなくさせてしまいます。さらにホルモンバランスが頭皮の血行を悪化させることもあり、頭髪への栄養分が行き渡らなくなって抜け毛が頻発してしまうこともあります。このようにして発症する薄毛ですが、ホルモンバランスの乱れを正常化へ導くためには普段の生活習慣をきちんと見直すことが何よりも欠かせないこと。例えば睡眠不足はホルモンに大きな影響を与えますし、過度な疲労もまたホルモンに直結してしまうもの。また、仕事や人間関係から受けるストレスもまたホルモンとは切っても切れない関係性にあるものです。さらに食事による栄養バランスなどでもホルモンが左右されるケースも多く、これらの乱れに繋がってしまう可能性があるでしょう。もしも薄毛症状が起こった時にこれらの生活習慣の中であてはまるようなものがあったとしたら、それが原因でホルモンバランスの乱れが生じているかもしれません。まずは暮らしを振り返ってみて、少しずつ改善してみることをお勧めします。

バックナンバー

薄毛の基本情報

新着情報

↑PAGE TOP